★次回から「ヒモの錬金術師」で検索して下さい

僕たちは地味な起業で食っていく。|要約+感想

ひもたん
ひもたん

会社に依存したくない気持ちがある人や、低リスクな「働き方」や「副業の仕方」を考えている人に参考になる本を紹介します

僕たちは地味な起業で食っていく。

「働き方」や「副業」についてより実践的なことが学べる本を探していました

読了したので書評を書き残します

基本情報|タイトル・著者・出版社・発行日・ページ数

タイトル:僕たちは地味な起業で食っていく。
著者:田中 祐一
出版社:SBクリエイティブ株式会社
発行日:2019年9月20日
ページ数:238ページ

この本を購入した理由

起業を考えたことがあるから

自分自身、ラーメン屋としての独立起業を本気で考えたことがあります

結局、起業は断念して、現在はセミリタイア状態ですが、引き出しは多い方が良いと思い読んでみました

「地味な」起業に共感したkら

タイトルの「地味な」起業という響きに共感しました

「地味」というのは「低リスク」と意味が似ていると思います

自分が陰キャなこともあって、この表現に共感しました

FIRE本と一緒に購入

FIRE(Financial Independent Retirement Early=経済的自立・早期退職)の本と一緒に購入しました

経済的自立・早期退職を目指す運動は、FIREムーブメントと呼ばれ、2010年始め頃からアメリカを中心に人気化しました

詳しくはFIRE本のレビュー記事をご覧ください

 

要約|僕たちは地味な起業で食っていく。

著者の言う「地味な起業」の強みとは

「地味な起業」の強みは

  • やりたいこと
  • まとまったお金
  • 明確なビジョン

が『無くても』始められることにあります

そんな美味しい話あるか?と思いますが、現実に即した具体的なやり方まで書かれています

本書で言及しているテーマ

  • 地味な起業の考え方
  • 実践的な「地味な起業」の始め方
  • ビジネスパートナーとの出会い方
  • コミュニケーション
  • 自分軸の作り方

について言及しています

著者が持つ「地味な起業」のノウハウや考え方を全て公開したような本です

大手企業でもリストラが当然のように行われており、「大企業だから安心」という時代は終わりつつあります

副業も解禁されて、働き方が多様化する「令和」の時代にぴったりの本だと思います

この本から学べること

この本から学べることを各パートから一部紹介します

地味な起業の考え方

  • 稼ぐことと「資格や実績」の考え方
  • 事業資金は0円で始める方法
  • 個人の発信力についての考え方
  • どこに注目して、何を解決すれば稼げるのか?、など

実践的な「地味な起業」の始め方

  • 地味な起業の具体的な実践方法
  • 「スタートアップ診断」で自分に合った地味な起業の種類がわかる
  • リモートワークの3種の神器とは?
  • 地味な起業(副業)の事例14個、など

ビジネスパートナーとの出会い方

  • SNSの使い方のコツ
  • 単価を最大化させるコツ
  • 自分の「売り込み」よりも大切なことは?、など

「信用」を貯めるコミュニケーション

  • 地味な起業で稼ぐための方程式がわかる
  • また会いたいと思われるコミュニケーションのコツ
  • 仕事の提案力の上げ方
  • 地味な起業で成功するために「お金」よりも大事な事とは?、など

自分軸の作り方

  • 「地味な起業」で成長する人の特徴
  • ステップアップの仕方
  • 地味な起業は派手な起業にも進化できる、など

まとめ|今後にどう活かすか

私が「僕たちは地味な起業で食っていく。」本を読んで、今後にどう活かすかについてまとめました

  • 資格をとって満足することは、稼ぐことが目的なら「意味ないな」と改めて気づきました
  • 「地味な起業」という名の「お小遣い稼ぎ」みたいな感じですが、経験として幾つか「やってみようかな」と思いました
  • 大きな成果も「小さな一歩」から始まることを学べたので、取り敢えず「やってみようかな」という気持ちになりました
  • 稼ぐ=「就職」「転職」が前提にあり、「稼ぐことは大変」という認識から、今の時代は「お小遣いぐらい稼ぐことは簡単」という認識に変わりました

この本で紹介されているような「働き方」を多くの人が知れば、世の中に心とお金の余裕が増えるだろうな~と思いました

おわり