★次回から「ヒモの錬金術師」で検索して下さい

貯蓄のための保険と節税!ベストな選択への道しるべ

将来の貯蓄と節税の為に対策を考えています。

個人年金保険やiDeCo(イデコ)、貯蓄型の生命保険などで悩んでいます。

という方へ向けて、

この記事では「貯蓄のための保険と節税!ベストな選択への道しるべ」について解説します。

保険料控除に関しては国税庁でかなり詳しめにまとめられていますので、

国税庁 HP「保険料控除」を紹介します。

結論:以下について仕組みとメリット・デメリットをまとめました。

①確定拠出年金

②個人年金保険

③貯蓄型保険商品

iDeCo(イデコ)で節税できる仕組みとメリット

・掛金全額所得控除による所得税と住民税の軽減効果

所得控除とは、収入からiDeCoに積み立てた掛金の金額を差し引くことです。

収入から掛金を控除するとその分だけ課税対象となる所得額が少なくなるため、

支払うべき所得税と住民税も軽減されます。

・預金利息や投資信託の運用益が非課税

預貯金の利息や投資信託の運用益には通常、源泉分離課税(20.315%)がかかります。

でも、iDeCo の運用益は非課税です。

・年金または一時金での受取時にも控除

iDeCo・確定拠出年金の受取り方には、「年金」「一時金」「年金と一時金の組み合わせ」の3種類があります。

iDeCo・確定拠出年金は、給付時には税金がかかる場合があります。

給付を年金として分割して受取る場合は「雑所得」として取り扱われ、一時金として一括で受取る場合は「退職所得」として取り扱われます。

有利な受け取り方を選択できるのも大きなメリットの1つです。

iDeCoの節税効果によるデメリットは?

主なデメリットは60歳まで原則として引き出せないことと月々の口座管理手数料がかかることです。

iDeCoの引き出し制限は強力で基本的には不可能ですが、老後の為の貯蓄を目的としている場合は問題になりません。

iDeCoの口座管理手数料もデメリットではありますが、所得控除の軽減でカバーできます。

手数料はネット証券を利用することで安くなります。

iDeCoの節税シュミレーションは iDeCo 公式サイトで可能です。

iDeCo公式サイトでは、サラリーマンはもちろん自営業の方、転職の方など

あらゆる方に向けて丁寧な説明が記載されています。

個人年金保険とは?死亡時に保険料は戻ってくる?

保険料払込期間中に死亡した場合は、

それまでの払込相当額が死亡給付金として支払われます。

保険会社は被保険者が払った一定額をあらかじめ設定した年齢まで運用します。

設定した年齢になれば、年金として受け取ることができる仕組みの保険です。

個人年金保険の種類としては「円建て個人年金保険」「変額個人年金保険」「外貨建て年金保険」があります。

・円建て個人年金保険

保険料も円で支払い、年金も円で受け取ります。

よって、将来の年金保険金額が確定しています。

・変額個人年金保険

株式や債券を中心に特別勘定で資産運用をし、運用実績によって将来受け取れる年金額、

死亡給付金額、解約返戻金が変動する個人年金保険です。

投資リスクは個人が負うことになります。

・外貨建て個人年金保険

保険料の支払や保険金・解約返戻金などの受取を米ドルや豪ドルなどの

外貨で行う個人年金保険です。外貨を用意する必要は無く、

日本円での保険料支払、保険金や解約返戻金の受取ができます。

個人年金保険のメリット

・貯蓄が苦手な人でも積み立てられます。

・個人年金の保険料は指定した口座から自動的に引き落とされるので、

余った分を貯蓄に回す方法より計画的で強制力があります。

生命保険料控除とは別枠で「個人年金保険料控除」が受けられます。

・個人年金のための保険料を所得税と住民税の課税対象となる所得から差し引くことで節税につながります。

個人年金保険のデメリット

・途中解約すると元本割れする。特に加入してから3年以内は半分以下になることもあります。

・払込期間が20年や30年になることも普通ですが、急に現金が必要になる可能性もあります。

・定額型の個人年金保険は「インフレに弱い」という特徴があります。

インフレリスク(いんふれりすく)

物価の継続的な上昇(インフレ)によって、金融商品の実質的価値が低減するリスクのこと。現金や固定金利の定期預金・債券などがインフレリスクに弱い商品といわれる。

インフレリスク|証券用語解説集|野村證券

貯蓄型保険とは?

万が一のときの保障に加えて、貯蓄に近い用途にも活用できる内容を備えている保険が「貯蓄型保険」です。

貯蓄型保険の種類は以下のようなものがあります。

・低解約返戻金型終身保険

万が一のときの保障と将来のための貯蓄を準備できる使い勝手の良い商品です。

特徴は保険料が比較的安く、手軽で人気が高いこと。

一定期間後は返戻金がアップします。

加入直後に解約してしまった場合、解約返戻金はかなり少ないので注意が必要です。

・養老保険

万が一のときの保障を備えながら、満期のときに満期保険金を受け取れるタイプの保険商品。

万が一のことがあっても死亡保険金を家族に届けることができます。

・学資保険

学資保険とは、子どもの学費を確保する目的の保険です。

保障内容としては、学費が大きくかかる時期に、「入学祝い金」や

「満期学資金」といった名目でまとまった保険金を受け取れるというものになります。

基本的には子どもが大学に入学すると思われる時期に満期を設定し、

そのときに給付される満期保険金を大学の入学金や学費などに充てられるのが特徴です。

貯蓄型保険のメリットは?

・支払った保険料よりも受け取る保険金のほうが多くなることがある

万が一のときの保障としても活用できるケースがある

・種類が多く、自分のライフスタイルに合わせて柔軟に用途を選べる

・貯金が苦手な人でも計画的に資金を積み立てられる

貯蓄型保険のデメリットは?

・早いタイミングで解約すると元本割れになってしまうケースがある

・月々の保険料が高額になりがち

・インフレリスクがある

以上、ご参考までに。