★次回から「ヒモの錬金術師」で検索して下さい

車を安く買って、維持する方法を検討

自動車は維持するだけでもかなりのお金がかかります。

「とにかく車にかかる費用を抑えたい!」

「何かいい方法はないですか?」

という人へ向けて、

この記事では、スーパー倹約家だけど最高に幸せな生活を送っている著者が

「車を安く買って、維持する方法を検討」

というテーマについて解説します。

この記事を見れば5分で理解出来るように作成しました。

脚注:この記事は、読者が効率よく情報を得られるように精一杯工夫して作成いたしました。

ウォーターサーバー「クリクラ」無料お試しキャンペーン

中古車購入は倹約家の常識。

新車購入はマネーリテラシーが低い人の選択肢であることはあまり知られていないと思います。

自動車は最初の三年が最も価格が落ちやすく、新車価格にはプレミアム分が上乗せされています。

友人は200万円で購入した新車を1年後に半額以下の90万円で手放していました。

ちなみに世界一の富豪、ウォーレン・バフェット氏も中古車に乗っています。

軽自動車は安い!でも本当にベストか?

最も維持費が安いのは当然軽自動車です。

でも、車選びは命に関わる選択でもあります。

命はお金では買えない事実を考えると、本当に軽自動車で良いのでしょうか?

軽自動車とコンパクトカーの年間維持費の差は、購入から5年で約10万円。

このサイトで分かりやすく比較されていました。

私はコンパクトカーを選択します。

車体の強さという意味ではマツダ。

中古コンパクトの安さでは日産がおすすめです。

自動車保険の定期的な見直し

節約を考えるうえでの基本は、

  • 収入・支出の把握
  • 固定費の削減

になります。

自動車保険は、高額固定費にもかかわらず、

「自動車保険は沢山の保険会社があって選べない」

「会社によって価格設定条件も複雑」

ということもあり、ブラックボックス化しやすいところになります。

「気が付いたら毎月無駄に多くの保険料を取られていた」

なんてことは避けたいところです。

そこで、余裕がある時期に、定期的に見直しを行い、

他社の見積もりとの比較をすることで固定費の削減・修正を行うことを提案します。

初めに契約するのであれば、顧客獲得数で信頼性の高いソニー損保などをおすすめします。

以上、参考までに。

ホームへ戻る